梵我蓮&ディヴァイン・ソウルの福音

【伝授】真田幸村【戦国武将リンク】

Posted on: 2011年4月1日

【伝授】真田幸村【戦国武将リンク】

【戦国武将エピソード】

「大阪の陣で決死の戦いを挑んだ戦国最後の勇将」

■関ヶ原の戦いで西軍につき、九度山へ流される

 真田幸村(さなだゆきむら)は、江戸時代以降に講談や小説などで紹介され、一般に広く知られることになった人物です。
 幸村がまだ幼いころ、主家の武田氏が滅亡したため、父・昌幸とともに各大名のもとを転々とし、上杉景勝や豊臣秀吉のもとに人質に出されました。こうした状況から、幸村の初陣は24歳と遅く、秀吉の「小田原征伐」に従軍したのが最初となりました。  その後、兄・信之が昌幸のもとから独立して徳川家康の与力大名となったため、幸村は父・昌幸の後継者となり、常に行動をともにすることになります。
 1598年、最高権力者の秀吉が没して秀頼がその後を継いだが、朝鮮出兵以来の武断派と文治派の対立や上杉景勝が越後奪還のために帰国するなど、さまざまな問題が浮上してきました。
 1600年、五大老の筆頭だった徳川家康は上杉征伐の軍を起こし、会津へと向かいました。幸村は、父・昌幸や兄・信之とともに従軍することになったが、家康の留守を狙った石田三成が大谷吉継とともに挙兵し、昌幸のもとにも「家康弾劾状」が届きました。有名な「関ヶ原の戦い」のはじまりです。  真田家では協議の結果、家康の与力大名であった信之は東軍に、秀吉の与力大名であった昌幸は西軍につくことになり、幸村も昌幸に従って西軍につくことになりました。  昌幸・幸村父子は、上杉征伐ののために進軍していた徳川軍から離脱し、上田城へ引き上げて籠城をはじめたのでした。
 上田城へは、徳川秀忠指揮のもと、譜代の大名を中心とした三万もの兵が押し寄せたが、昌幸と幸村はわずか三千の兵で迎え撃ち、大損害を与えました。しかし、関ヶ原では西軍が敗れ、昌幸・幸村父子は、高野山の麓にある九度山へ配流となりました。

■不利を承知で戦うその姿に多くの大名が共感

 九度山へ配流となった幸村は、14年もの間世捨て人同然の生活を余儀なくされ、病や老いのために歯も欠け、髪やヒゲは白くなってしまいました。  このまま朽ち果てるのかと無念の日々を送る幸村でしたが、一大転機が訪れます。家康との絶縁を決意した豊臣秀頼から、大阪城への入場要請が届いたのです。  いわゆる「大阪の陣」の勃発です。幸村すでに48歳、当時としては高齢となっていた彼に、最後のひと華を咲かせる好機がやってきました。  かくして、大阪城に入った幸村は、昌幸の後継者として大名待遇で扱われ。長宗我部盛親や毛利勝永とともに「三人衆」として敬意を払われる存在となりました。
 大阪城では、籠城策が取られることになったため、幸村は唯一手薄である大阪城南方の高台に「真田丸」と呼ばれた出城を建設。1614年11月からの「大阪冬の陣」では、敵を引き寄せてからの鉄砲戦術で大きな損害を与えました。
 この働きを見た幕府方から、幸村のもとに寝返りを要請する使者が訪れ十万石の条件を提示したが、幸村は「私は乞食同然の生活をしていたが、召しだして真田丸を任せてくださる秀頼公には恩義を感じており、寝返りは難しい話」と回答。のちに、信濃一国を条件に再度寝返りを持ちかけられたが、やはり拒否しました。
 秀頼への恩義を貫いた幸村は、1615年5月の「大阪夏の陣」でも豊臣方に加わり、徳川本隊へ三度に渡って突撃を敢行。家康の本陣を揺るがす勢いを見せたが、力尽きて討ち取られました。  このときの幸村の様子は、敵方だった諸氏の多くの書物にも残されており、特に島津氏の「薩摩日記」では「真田は日本一の兵」まで記され、絶賛されています。  こうした数々の書物は、不利を承知で最後まで秀頼を見限ることなく存分に働く幸村の姿が、同じ武士として多くの諸大名に感銘を与えた証といえます。

【ご利益】
1.勝負必勝
2.出世開運
3.金運・商売繁盛
4.災害避け
5.厄除け

【概要】
 「戦国武将リンク」とは、「日本の戦国時代の英雄」である戦国武将と深い永遠の繋がりを持つことです。それにより、アドバイス(インスピレーションやシンクロ、チャネリング)やエネルギーワーク(ヒーリング、祈願)等、いつでもサポートを受ける事ができるようになります。

【ディヴァイン・ソウル流のアチューンメントとは?】
 完全完璧な浄化の元に行われるこの至純至高のプロセスにより、現世だけでなく【来世以降も続く永遠の守護神】としてサポートしてくれるのが特徴です。  「戦国武将リンク」は、日本のディヴァイン・ソウル(神聖なる魂)が創始した、「日本の戦国時代の英雄」と繋がるコネクション・アチューンメント(神聖契約)です。  あなたがマスター伝授者になると、ディヴァイン・ソウル株式会社に正式登録されます。

【伝授】
 伝授のときに、「如来より上位の宇宙のシステム神」である全能神の高波動・高次元の力により至純で超強力なアチューンメントをいたします。  これによって戦国武将との間に、恒久的で縁深く極太いエネルギーライン&リンクを創りだします。
 「戦国武将リンク」は、コネクションアチューンメントを受け取る事により、祈願成就をはじめとする恒久的なサポートを受けられます。  戦国武将を祀る「神殿/教会/お寺/神社」が常にあなたのそばを付いてくるといった表現が相応しいです。
 たくさんお願いごとをしてください、親愛を戦国武将との間に作れば人生に恐れは不要です。
 アチューンメントは長時間続きますので夜、ベットに入られてからアチューンメントを受けられることをお薦めします。

【加護】
 戦国武将から常に見守られ、エネルギーサポートや加護が与えられます。
 想像以上に多彩な助けが貴方の人生に訪れるでしょう。戦国武将を信じてください。

【その他の恩恵】
 戦国武将は私たちに、インスピレーションとサポートを与えてくれます。
 「戦国武将リンク」の伝授を受け取る事により、プロテクションをはじめヒーリング等、沢山の恩恵を受けるでしょう。
 「戦国武将リンク」のマスター用のアチューメントを受けた方は、他の方にも通常用アチューメントができます。※料金は自由に設定できます。

【事前準備・浄化(霊性向上・霊的進化)・重要】
 戦国武将リンクの伝授には物理的準備は要りませんが、霊的準備は必要です。そのためご予約をいただいてから当日までの期間、遠隔でシステム神の力により、伝授に必要なレベルまで魂と肉体の浄化(霊性向上・進化)が行われます。だからこそ「誰にでも英雄をつけることが可能」なのです。
 浄化(霊性向上・霊的進化)をせずに英雄をつけても、一生どころか数日〜数週間しかサポートせずに離れていくことがあります。世間にはこのような数週間しか持たない、いくらやってもいずれ全て無効になる伝授が数多くあります。戦国武将リンクにはそれがありませんので一生サポートしてくれます。ご安心ください。  伝授までの期間中、体調の変化(多くはポジティヴなもの)が訪れることがあります。ネガティヴな変化は一時的なことが多いです。ご安心ください。

【備考】
 ※マスター伝授者には【アチューンメント方法をお教えします】

【詳細/遠隔のみ】
 > http://divinesoul.jp/menu/busyou-yukimura

####
◇ディヴァイン・ソウル&梵我蓮‐スピリチュアル・ユニバーシティ‐
 代表・愛内清隆&愛内かこ(あいうちきよたか&かこ)
☆Shirdi SaiBaba Tokyo Temple, Japan
 > http://shirdisaibaba.jp/
▽スピリチュアル/精神世界/ニューエイジの総合ポータルサイト
 > http://divinesoul.jp/
△スピリチュアル・スペース「梵我連-bongaren-」
 > http://bonga.jp/
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-60-6-1F
◎メールアドレス: info★bonga.jp (★を@に変えてメール)
☆FAX: 03-6410-5409 or 03-6912-6581(24時間OK)
☆TEL: 03−6912−6580 (13:30-19:30)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。